『CUPURERA』・・・とは・・・犬や猫は昔、どうやって餌を捕獲し食べていたか。 この原点にフォーカスをあて、新たに開発・製造を立ち上げたブランドが「CUPURERA」です。犬や猫の祖先は捕まえた獲物をそのまま食しています。 つまり、捕食によって草食動物や魚といった生態系を取り込んでいるのです。

ですから草食動物と共に共存状態にある細菌、草食動物が食べていたであろう草木、これら全て、フードを製造する過程で考える必要があります。 この食物連鎖をパッケージ内で疑似的に再現したものがクプレラシリーズであります。

プロバイオティクスとは消化を助け、体に良い影響を与える微生物のことです。 消化器系のバランスを整え、免疫力を維持してくれます。通常100度以上の高温で製造するドライフードでは、有用菌が死滅してしまい、腸まで届けるのは不可能です。

しかし、クプレラシリーズでは、生きたままの有用菌を腸に届けることに成功した、唯一無二のドライフードです。 エンザイムとは酵素のことで体内の全ての器官の働きに関係する物質で、生命活動を維持するのに大切なものです。

生涯のうちに生産できる酵素の量は遺伝子で決めらており、年齢とともに減少していきます。酵素を体内に取り込むことで、体内で製造した酵素を使う量を抑えることができます。

クプレラは、ヒューマングレード(人間の食品基準をみたしている)原材料を使用しており、原材料に関しては細心の注意・管理をおこたりません。合成保存料、合成着色料、合成香料、化学薬品(防腐剤、酸化防止剤、防虫剤、防カビ剤)を一切使用しておりません。

クプレラの商品群は、嗜好性の高いさつまいもと消化のよいタンパク質と鉄分やミネラル分を豊富に含んだ鹿肉をベースに作っております。

食物アレルギーを起こしにくい原材料を使用しているため、デリケートなわんちゃん、ねこちゃんにもお与えいただけます。上記のさつまいもを使用していることにより、食いつきが良いとの評判をよく頂いております。

こちらはクプレラグループが開発した、新感覚フードになります。下記の写真を観てもらうとお解りになられると思うのですが、このフードは生の食材を少しずつ空気乾燥させ作っております。ですので、食いつき感はドライと缶詰の中間位であります。

また、生の食材を空気乾燥させていますので、栄養成分が缶詰やドライフード、フリーズドライのものより一層維持されております。ぬるま湯または水を加えて与えたり、そのままドライとして与えたり、ふやかしてドライフードのトッピングとしてなど色々な使用方法があります。こちらの商品もグルテンフリー、プロバイオティクス&エンザイム配合です。

安価なペットフードは、人間が口にしないという事が前提で作られています。 量販店で安価な価格で売り出されているペットフードには、様々な目的で合成添物や化学薬品など、犬・猫には適さない物が混入されています。そんなペットフードだってパッケージを見れば犬・猫の健康に良いと思える事しか書かれていないものです。

我が国ではペットフードやキャットフードに対して、添加物を規制する法律もなければ原材料の詳しい表示義務さえないという事です。(2010年から原材料の100%表示義務は指示されましたが、詳しい表示義務はありません) クプレラはそれらの事を全て批判する形で生まれたフードなので、我々の理念に合う、最適な商品です。

クプレラに限らず当社が扱う商品は、我々の理念に合うものだけを選別して選んでおりますので、自信をもってお客様にご提供ができます。