クプレラから新商品が発売されました。その名も「クプレラ・ホリスティック・グレインフリー・ドッグフード/キャットグード」。ドッグフードとキャットフード、2種類からのラインアップです。 今回のこのフードは当店初の「グレインフリー」(穀物類を一切使用していない)フードです。
グレインフリーとは何か?

グレインフリー = 穀類不使用。海外のドッグフードでもすでに主流になり、その流れはもちろん日本にもきています。 祖先に狼を持つ犬は肉食であり、どれだけ年月が過ぎようとも犬の体の構造は肉食(肉や魚)であるとの考え方から、犬に適正な食べ物は肉や魚がメインであり、穀類は必要ないという考え方です。

食物アレルギーのワンちゃんになぜグレインフリーが選ばれるのか?

食物アレルギーの中でも特に多いと言われている穀類に対するアレルギー。 小麦、大麦、大豆、とうもろこし、などです。これらのアレルギーの出やすい食材を使っていないから、アレルギー体質の犬に選ばれています。

穀類アレルギーが多いわけは?

アミラーゼを持たない犬にとって穀類は苦手な食べ物。消化し分解しきれない食物はアレルギー物質として体に認識されやすいのです。アレルギーはたんぱく質に対して反応します。穀類から得られる植物性たんぱく質を消化できないという事は、たんぱく質の形を保ったまま体に入っているという事。だから穀類アレルギーが犬や猫に多いのです。グレインフリーを選ぶだけで皮膚の赤みや軟便などのアレルギー症状が改善される事も期待されます。

グレインフリーは世界的なドッグフードの流れ?

グレインフリーは世界的な流れです。犬の生態を研究し、考え、出された答えがグレインフリー。犬の体に適正なのです。グレインフリーのドッグフードを食べたわんちゃんの体に起こる変化は様々であります。毛、皮膚、体型、行動、便など・・・さまざまな変化が起こります。もちろん目に見える変化ばかりではありませんが、あなたの愛犬にも何らかの変化があることと思います。

将来的なアレルギー発症の予防には?

よく耳にする話だと思いますが・・・杉花粉症の話で、体の中には花粉のバケツがあって、そのバケツに花粉が長年かけて溜まり、いっぱいになってあふれた時が花粉症の発症なんだよ。というお話。これ、穀類アレルギーにも同じ考え方が当てはまるようで、将来的に穀類アレルギーを発症しないために、グレインフリーを選ぶという飼い主様もでてきています。アレルギー対策にもなるし、アレルギー予防にもなると期待しています。

グレインフリー・ドッグフード

コチラのフードは、元来、穀物の成分にあるグルテン(小麦、大麦等)、もしくは穀物全般に含まれる各種タンパク質を消化するための酵素をもたないワンちゃんが数多くいます。そのため全穀物(類似穀類を含め)および種子を使用せず、より多くのワンちゃんに対応できる消化吸収に優れた‘グレインフリー’の総合栄養食

  • 消化酵素、マルチビタミン(ミネラル摂取に必要)、プロバイオティクス(乳酸菌等に代表される有用菌や善玉菌等)を調理後に非加熱で配合し、腸内環境をサポートします。
  • アミノ酸は調理加熱後に変性してしまうため、10種類の必須アミノ酸を調理後に非加熱で配合し健康な身体をサポートします。
  • お腹の弱いワンちゃんにもおすすめです。

■グレインフリーフードの特徴

ここで一つ特徴なのが、子犬の段階からでも、ワンちゃんとの相性が良ければ、子犬から高齢犬まで、生涯使うことが出来るドッグフードなのです。

これは一度、フードの相性が決まってしまえば、わざわざフード切り替え年齢に差し掛かってフードを決めなおす事が無いため、より安易に成長をサポートしてくれるかと思います。(状況に応じてフードを切り替えたり、サプリメントを足してみたり等は、無論、可能でございますしオススメ致します)

グレインフリー・キャットフード

全成長段階のネコちゃんに対応できる、消化吸収に優れたグレインフリーの総合栄養食です。消化酵素、マルチビタミン(ミネラル摂取に必要)プロバイオティクス(乳酸菌等に代表される有用菌や善玉菌等)、10 種類の必須アミノ酸を調理後に非加熱で配合し、腸内環境を整え健康な身体をサポートします。

種子(穀類、擬似穀類、豆類、コーン、果実等)を使用しておらず、穀物の成分にあるグルテンや各種タンパク質を消化するための酵素をもたない猫や、内臓機能(特に消化器官)が弱い猫にも理想的です。

コチラもドッグフードと同様、ネコちゃんとの相性が合えば、幼猫から高齢猫まで使うことが出来るキャットフードになります。

■是非サンプルフードでお試し下さい

サンプルフードがドッグ、キャット共にご利用できます。詳しいサンプルフードご利用方法は下記を参照下さい。