■ オーガニックを選んだ理由

私がお客様に良質のペットフードを見極めるコツはと聞かれた時に「量販店で販売しているペットフードはやめた方がいいのではないでしょうか」と答えています。 (ペットショップ等が店舗内にある場合はその限りではないが)

その理由として、良質なプレミアムフードは量販店では非常に非効率な物品だからです。消費期限も短く、封を開けたら1か月以内に消費しなければカビが発生じてしまうプレミアムフードはとても量販店では取り扱う事が出来ないだろうと思うからです。

もちろん、売り場にプレミアムフードの説明が出来、ペットフードの危険な現状等々を説明できる販売員を配属していれば別ですが、少なくても私の耳にそんな良心的な量販店が存在しているという話を、残念ながら聞いたことがありません。量販店で販売が可能な商品は消費期限が長期であり、封を開けても長期間保存が出来る商品こそ都合が良いのではないかと私は思います。

それは、ペットフードメーカーとしても同じ事だと思います。 粗雑な低コストの食肉をペットが好む濃い味付けで大量生産し、BHA・BHT・エトキシキンといった(発癌性の高い)長期保存が可能な酸化防止剤を使用し、極限まで原価を抑え大量生産、大量消費をする。グローバルな競争社会を勝ち抜くには全く以って合理的です。そこに、コストを大幅に引き上げしてでも、ペットの健康面を考えるなどという余地はないでしょう。

ペットの安全を考えているふりは上手に出来るでしょうが。 いずれにしても、プレミアムフードという手間暇かかり、コストがかかり 大量生産が出来ない食品は、重厚長大な企業戦略とは相反するものだと私は思います。

それでは、消費者にとって反省点はないのでしょうか?

大いにあると言わざるを得ません。これは私自身の話なのですが、以前私も普通に量販店でリーズナブルな価格のいわゆるメジャーなペットフードを与えていたのです。(量販店の棚を支配しているようなフードでした。)

当時は、フードメーカーの良心というものを何も疑っていませんでした。しかし今から5年前、愛犬が乳腺癌になってしまいました。幸いにも早期だったので、命にかかわるものではありませんでしたが、私にとってそれは非常にショックな出来事でした。病気の原因を探ろうと、様々な情報を収集した結果、「ペットフードの危険な現状」を知ることになった訳であります。その内容は想像を絶するものでした。(4Dミート レンダリング 酸化防止剤等 )

しかし少し疑って考えれば、人間の食品ですら様々な問題が生じている昨今、ペットフードの安全性を疑う事はむしろ必然。そこに気が付かなかった自分を責めました。

10㎏のフードが1980円で販売していたら、「おかしい」と思う人は多いと思いますが、半生タイプの水分を多く含んでいるフードが何故腐らないのか、という事を不思議に思う人は意外に少ないです。原材料で肉類と書かれていてもトウモロコシと書かれていても疑問に思いません。良心的なフードであれば肉類などとざっくりとした表記は致しません。

きちんとラム肉ならラム肉と表記致します。トウモロコシと表記されれば、普通はトウモロコシの粒を当然連想致しますが、実は葉も芯も含むのです。

もしかしたら粒を取り除いた芯だけを原材料にしているかも知れません。 しかし、トウモロコシには違いないですから、間違いではありません。

他にも疑問に思う点は多々あります。 確かに100%完全なフードなど存在しない事は承知していますが、市場に流通しているフードの中におよそ食品と認める事の出来ない物が存在している事も又事実なのです。

これらの事例を含め、弊社ご案内の、「SGJプロダクツ」と「ホリスティックレセピー」は、プレミアムフードとして実績のあるフードメーカーです。酸化防止剤は天然の物を使用しておりますので、安心して食べさせてください。

ただ、ひとつだけ、注意して欲しい所があります。それは、危険で強力な酸化防止剤を使用していないという事は、裏を返せば酸化が早いという事です。

当然、カビも発生します。ですから、開封後は必ず1カ月以内に消費して下さい。そして、密閉出来る容器などに移して、冷暗所、出来れば冷蔵庫に保管して下さい。

ペットは自分でフードを選ぶことが出来ません。

全ては飼い主である我々の責任だと私は自分の経験上強くそう思います。

可愛いペットに安全なフードを・・・ただそれだけが我々の願いです。 そしてそのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

一口推薦 【SGJプロダクツ編】

このフードの特徴は、世界で最も信頼できる安全基準の国オーストラリアで作られているフードだという事です。フードメーカーがたまたま弊社の近隣にあった為、良くフードについて教えて頂きました。オーストラアで作ったフードを日本でもう一度チェックをするそうです。

どうチェックするかと聞いたら目で形、色をチェックし、食べるそうです。

最初聞いた時はびっくりしましたが、別にびっくりする事はないのです。人間が食べる事ができないフードならペットだって食べる事が出来ないからです。

そして、サプリメントが充実しています。 特にお勧めは「シーオーガニック」です。これは是非試して欲しいです。(消化酵素なので、フードからは得る事が出来ません)消化吸収率が高まり、目に見えて、毛並・毛艶が違ってきます。

一口推薦 【ホリスティックレセピー編】

うちの愛犬が、(ミニチュアダックス)病気になった後にどんなフードが良いか解らず、色々なペットフード店をネットで調べ、よさそうなお店があるとそこに出向きリサーチをしていました。

そんな時、非常に熱心なペットフード専門店に出会い 勧められたのがホリスティックレセピーでした。なにしろ包装が900gの場合、450グラム毎に小分けされています。酸化を防ぐという観点から考えた時、フードメーカーの良心を感じます。その上900g用の袋には袋口にチャックがついているのでそのまま保存が出来ます。酸化の問題、鮮度、使いやすさは他を凌いでいると思います。